いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 短歌・俳句 > 夜の水平線
夜の水平線

夜の水平線

著者:
津川絵理子
出版社:
ふらんす堂

概要:

◆ふらんす堂電子書籍1000円シリーズ

◆第三句集
日々の暮しのなか、ささやかだけれど心に留めておきたいものがあります。
それらを俳句にしてきました。
(あとがきより)

◆作品紹介
思ひ出すために集まる春炬燵
二の腕のつめたさ母の日なりけり
梅雨寒し造花いくつも蕾持ち
近づいてくる秋の蚊のわらひごゑ
金盥ぐわんと水をこぼし冬
鎌倉の立子の空を初音かな
黙考の大金蠅は打ち難し
麻服をくしやくしやにして初対面
鴉呼ぶ鴉のことばクリスマス
あたたかやカステラを割る手のかたち

ジャンル:
文芸 > 短歌・俳句
販売開始:
2022/02/01
ファイルサイズ:
0.41MB
CODE:
J0019002BK0122092001
対応デバイス:
WindowsPCMacブラウザビューアAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,100円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

原則、返金不可
詳細はこちら

夜の水平線
販売(無期限): 税込 1,100