いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 趣味 > 音楽 > 20世紀ジャズ名盤100
20世紀ジャズ名盤100

立ち読み

20世紀ジャズ名盤100

著者:
大谷能生
出版社:
イースト・プレス

概要:

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することなど文字についての機能が使用できません。

なぜ、ジャズは常に〈新しい〉のか?

ジャズがわかれば、近代がわかる。



ジャズの歴史を知りたいならば、まずこの一冊!

これからジャズを聴きたい人に、思わずへえーとなるエピソードで名盤100枚(+ウラ名盤100)を解説。



九段理江(小説家)さん推薦! 「ジャズには未来が見える」

柳樂光隆(音楽ジャーナリスト)さん推薦! 「21世紀のジャズのヒントは20世紀にある」



【はじめに】

「ジャズ」は20世紀とともに、つまり、音楽が録音され、モノに刻まれ、商品として売り買いされることが当たり前になった時代に誕生し、成長しました。また「ジャズ」とは、親から子へとタテに受け継がれる「民俗文化」としてではなく、多様な出自を持つ人々をヨコにつなぐ、おそらく歴史上はじめてあらわれた「大衆文化」としての性格を色濃く持った音楽です。この音楽には、多民族による植民国家として、そして、典型的に資本主義が発展した国としての「アメリカ合衆国」の20世紀の姿が写し込まれており、『20世紀ジャズ名盤100』をキュレーションするということは、現在ぼくたちが生きているこの21世紀が、その前の100年間はどんな状態だったのかを耳で聴いて理解する、そのためのディスプレイを試みる作業でもあると思っています。



この本では、とりあえず、20世紀のはじまりから時代順に〈第1章 ポップスの古層としてのジャズ〉〈第2章 モダニズム芸術として結晶化したジャズ〉〈第3章 創造の現在形としてのジャズ〉〈第4章 世界音楽のプロトタイプとしてのジャズ〉という区切りを設けてみました。



電子書籍版では、ジャケット写真をカラーで掲載!

【目次】
はじめに



1 ポップスの古層としてのジャズ

『Louis Armstrong and His Hot Five & Hot Seven 1925 - 1928』ルイ・アームストロング

『Xavier Cugat with Dinah Shore』ザビア・クガート・ウィズ・ダイナ・ショア

『ぼういず伝説』あきれたぼういず 等



2 モダニズム芸術として結晶化したジャズ

046『Blue Train』ジョン・コルトレーン

048『The Shape of Jazz to Come』オーネット・コールマン

050『銀巴里セッション』V.A. 等



3 創造の現在形としてのジャズ

『Complete Live at Plugged Nickel 1965』マイルス・デイビス

『Free Jazz』オーネット・コールマン

『サマルカンド』高橋悠治・佐藤允彦



4 世界音楽のプロトタイプとしてのジャズ

『On Jupiter』サン・ラー

『北京の秋』清水靖晃

『Double Booked』ロバート・グラスパー など





おわりに

人名索引

ジャンル:
趣味 > 音楽
販売開始:
2024/05/16
ファイルサイズ:
68.93MB
CODE:
J0019002BK0153418001
対応デバイス:
WindowsPCMacブラウザビューアAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
商品価格(税込) ¥1,760 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

原則、返金不可
詳細はこちら

20世紀ジャズ名盤100
販売(無期限): ¥ 1,760(税込)