いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ
»TOP > ジャンル別 > コンピュータ > 全般 > 電子計算機の真髄=命令セット 第一巻 機械語命令の役割
電子計算機の真髄=命令セット 第一巻 機械語命令の役割

立ち読み

電子計算機の真髄=命令セット 第一巻 機械語命令の役割

著者:
山本登
出版社:
エクスイズム

概要:

1. 本書の概要電子書籍:「電子計算機の本質=命令セッ ト」全4巻は、コンピュータの機械語命令について、 研究者あるいは設計者の立場で解説する珍しい本です。
 
・既存の計算機の機械語命令の解説に終始する これ迄の本とは異なり、機械語命令の“操作”と“操作対象”はなぜ微小化し抽象化されねばならないか、形容詞や副詞はなぜ命令語 に含めないかなどについて、その本質的な理由やプログラミングへの影響などを解説します。
 
 
2. 他書との違い
従来、 “電子計算機”とか、“計算機アーキテク チャ”という名のある本では、命令セットアーキテクチャに1章を割り当てて解説するのが標準的なスタイ ルでした。紙媒体の本の世界では、命令セットのみを解説する本の可能性を社会も著者も認めなかったようです。このため、機械語命 令が活躍し得る世界についての知識、極めて抽象化された機械語命令を組み合わせるプログラム設計への影響に関する知識などは明る みに出ませんでした。このことは真の情報処理技術の普及と発展には大きな障害だったと考えています。               
 
 
3. 本書全体のご紹介
日本が情報処理技術を世界に発信する国にな ることを願い、そのための人材育成に役立ちたいという思いから本書を企画しました。本書は4分冊中の第1巻ですが、参考のため各巻の主要な内容を以 下に示します。全4巻を通読して著者の意図を共有していただけ れば幸いです。
 
・第1巻では、命令セットと命令セットアーキテク チャの定義と役割、電子計算機ハードウェアとの関係、オペレーティングシステムやコンパイラとの関係などの解説のほか、電子計算 機上でプログラムが動くまでの過程の説明とそこで機能する様々な機構について説明します。


目次:

 
目次
全巻のまえがき
第1巻のまえがき
命令セットと命令セットアーキテクチャ
自動調理機をつくれるか
プログラムが動く仕組み
第1巻のあとがき
図表一覧

ジャンル:
コンピュータ > 全般 コンピュータ > 情報通信 コンピュータ > 情報科学 コンピュータ > 一般
販売開始:
2017/06/24
ファイルサイズ:
1.15MB
CODE:
J0010268BK0035343001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 540円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この商品のシリーズ

この著作者による商品

電子計算機の真髄=命令セット 第一巻 機械語命令の役割
販売(無期限): 税込 540