いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > ジャンル別 > コンピュータ > 全般 > 電子計算機の真髄=命令セット  第四巻 命令セットによるプログラムの表現               
電子計算機の真髄=命令セット  第四巻 命令セットによるプログラムの表現                                           

立ち読み

電子計算機の真髄=命令セット  第四巻 命令セットによるプログラムの表現               

著者:
山本登
出版社:
エクスイズム

概要:

本書は情報処理技術体系の要の位置にある命令セットアーキテクチャに関する4巻からなる解説本シリーズ最後の巻です。機械語命令の使い方を実際のプログラムによって解説しています。機械語命令の使われ方のほか、繰り返しやサブルーチンなど、プログラミングの要素技術を丁寧に説明しています。

コンピュータプログラムで任意の機能を実現する場合、算法(アルゴリズム)はもちろんですが、実装の仕方にも幾つもの方法が考えられることを説明します。ループ化やサブルーチンの使用例も豊富な実例で解説しています。その意味で、本書はプログラミングの入門書でもあります。
1. 命令セットの知識の効用
機械語命令の知識は、情報処理に関係する多種の技術者に有用です。ただし、その知識がなくても業務は担えますし、指導的な立場に立つこともできるでしょう。では何に有用かと言えば、担当職務に関係する様々な事がらに対し、より広く、より深く、観察し、考える場合に役立つのです。

なお、ここで言う機械語命令の知識とは、単に命令セットの仕様を理解しているとか、アセンブリ言語でプログラムを書けることだけを意味するものではありません。曖昧かもしれませんが、命令セットの本質を設計の立場から理解しているほか、情報処理システムの様々な事がらを命令セットの切り口から考えられる力だとしておきます。

「電子計算機の真髄=命令セット」全4巻のシリーズは、読者をそのような種類の理解へと導くことを意図しています。情報処理系学科の大学院生や大学生、高専の学生、専門学校生、情報処理技術に関わる若い技術者などに特にお薦めしたい本です。

2. 第4巻の執筆目的
以下の事柄は本書の執筆目的です。

 機械語命令によるプログラミングの実際を学ぶこと。
 繰り返し(ループ化)機能のつくり方と効果を理解すること。
 サブルーチンの利用の仕方と効果を理解すること。
 機能的に同じ結果を得る複数の算法(アルゴリズム)があることを理解すること。
 同じ算法を用いても複数の実装方法があることを理解すること。


目次:

・全巻のまえがき                  
・第四巻のまえがき
・第1章 マイクロプロセッサ Z80 の命令セット
マイクロプロセッサZ80の命令セットについて説明
第2章 仮想計算機COMETⅡの命令セット
情報処理技術者試験に使用されている仮想計算機「COMETⅡ」の命令セット
第3章 例題プログラムの説明
例題に用いるプログラムの仕様とそれを実現する様々なアルゴリズムと実装方法
第4章 桁移動命令によるビットの抽出
1バイト中の1のビットの計数に左右の桁移動命令を使う場合を説明
第5章 ビット検査命令によるビットの抽出
1バイト中の1のビットの計数にビット検査命令を使う場合を説明
第6章 論理演算命令によるビットの抽出
1バイト中の1のビットの計数に論理積命令を使う場合の多彩なプログラムを解説
第7章 ビット和法
1バイト中の1のビットの計数にビットごとの和を求める方法を解説
第8章 表参照法
1バイト中の1のビットの計数値を表の参照で得る方法を解説
第9章 初歩の組み込みプログラミング
組み込みプログラムの初歩的な例について、設計の考え方と実装
・図表一覧

ジャンル:
コンピュータ > 全般 コンピュータ > 言語・プログラミング コンピュータ > 情報通信 コンピュータ > 情報科学 コンピュータ > 一般
販売開始:
2018/02/05
ファイルサイズ:
1.02MB
CODE:
J0010268BK0035343004
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,080円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

この著作者による商品

電子計算機の真髄=命令セット  第四巻 命令セットによるプログラムの表現               
販売(無期限): 税込 1,080