いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > ジャンル別 > ビジネス > ビジネス教養 > 諜報機関から学ぶ競争競合相手分析と戦略シナリオ
諜報機関から学ぶ競争競合相手分析と戦略シナリオ

立ち読み

諜報機関から学ぶ競争競合相手分析と戦略シナリオ

著者:
菅澤喜男
出版社:
ヴィジ インテリジェンス出版

概要:

日本人はどうして競争競合相手を正確に知ろうとしないのでしょうか?

ところで読者の皆さんは時代劇を見たことがありますよね!
そうです「クロ装束に包まれた」忍者が時代劇には登場します。
忍者の仕事は「間諜(かんちょう)あるいは間者と呼びます」だと思いませんか。「間諜の仕事」は、敵の情報を集め味方に報告することです。他の類似語としては、「諜報」と「防諜」があります。「諜報」とは、敵情をひそかに探って報告すること。「防諜」とはスパイ活動などにより秘密が漏れることを防ぐことです。この3つの言葉の中で、日本の組織に馴染むのは、どうやら忍者が行う「間諜」だとは思いませんか。
そうです、一国一城の主は、戦国時代を生き抜くために「間諜」を重視することでリスクを避け、上手にリスクを取ってきたはずです。この間諜こそが、インテリジェンス活動です。
そして間諜からの報告は「意思決定者である多くの兵を動かす者、つまり大将」になされます。間者であるインテリジェンスの担当者と意思決定者との間には、絶対的な信頼関係が必要不可欠です。
本書は、日本の組織、とりわけ企業として競争競合相手に関する情報を収集・評価」することで、意思決定に資する新たに優れた情報として生成するためのインテリジェンスとその活動の在り方について述べています。
また、日本企業は、情報収集をし管理はするが、その情報を利活用することをしていないように思えます。
本書では、収集・評価しれた優れた情報を用いた競争競合分析手法についても述べています。

最後に、著者自身が経験してきた全世界的なインテリジェンス活動を通じて得た、インテリジェンスの利活用について実際的かつ具体的な例を紹介しています。
本書が、日本企業にとり全世界的な市場で活躍するための一助となることを願っています。

ISBN978-4-908240-02-7


目次:

推薦の言葉
はじめに
著者紹介
 
I部 戦略構築の基礎を築くためのインテリジェンスの役割
 ~経営リスクの早期警戒と戦略シナリオの構築~
第1章 情報とインテリジェンスは何が違う
 ~Informationは情報ではない、Intelligenceが情報~
 1.1 情報とインテリジェンスの違いと価値
 1.2 市場からのシグナルを捉える
 1.3 インテリジェンスとして取り扱う情報の種類
 1.4 インテリジェンスの政治化
 
第2章 インテリジェンス・マネジメント
 ~インテリジェンスはサイクルで回す~
 2.1 インテリジェンス活動を必要とする環境 
 2.2 インテリジェンス・サイクル
 2.3 ポーターが指摘した基本戦略対インテリジェンス活動の範囲
 2.4 マーケティングとインテリジェンスの違いは何か
 2.5 新製品・新技術開発などの動向を知るためのインテリジェンス
 2.6 特定な戦略と情報リスト
 2.7 インテリジェンスとイノベーション
 
第Ⅱ部 競争・競合相手分析で正確にライバスを知る
 ~知識は価値、インテリジェンスは価値をビジネスに変える力~
第3章 業界分析(ファイブ・フォースモデル)とSWOT分析
 ~業界構造を知り自社の強みと弱みを知ることは競争の基本です~
 3.1 業界分析を支える背景
 3.2 業界分析(ファイブ・フォースモデル)
 3.3 業界分析の特徴
 3.4 業界分析と機能拡張による戦略の枠組み
 3.5 業界分析結果の評価
 3.6 業界分析の具体例
 3.7 SWOT分析
 3.8 SWOT分析を支える背景
 3.9 SWOT分析の特徴
 3.10 SWOT分析と機能拡張による戦略の枠組み
 3.11 SWOT分析の具体例
 
第4章 価値連鎖分析
 ~価値の連鎖こそが組む相手~
 4.1 VCAを支える背景
 4.2 VCAの特徴
 4.3 VCAの各ステップ
 4.4 価値連鎖の概念と進展
 4.5 VCAの具体例
 
第5章 競合(ライバル)相手のプロファイリング分析
 ~ライバルの弱点を知り自らの強みを知る~
 5.1 競合相手分析を支えるインテリジェンス活動の重要性
 5.2 競合分析の特徴
 5.3 競合相手のプロファイリング分析の9つのステップ
 5.4 競合相手分析の具体例
 5.5 競合相手のプロファイリング分析から得られた戦略としての示唆
 
第6章 顧客価値分析
 ~顧客が求めている価値が無ければ市場から撤退~
 6.1 CVAの特徴
 6.2 顧客維持がコストに与えるインパクト
 6.3 顧客価値の属性としてのコストモデル
 6.4 顧客価値のゴールとしてのモチベーションモデル
 6.5 CVAの特徴
 6.6 CVAの具体例
 6.7 他の競合分析との併用
 
第7章 戦略シナリオ計画と分析
 ~ライバルを知り尽くした戦略シナリオ開発~
 7.1 シナリオ分析の発展過程
 7.2 シナリオの背景にある問題
 7.3 シナリオ分析の異なるアプローチ
 7.4 シナリオ分析の目的
 7.5 シナリオ分析の価値と特徴
 7.6 シナリオ分析のプロセス
 7.7 シナリオ分析の具体例
 
Ⅲ部 インテリジェンス・リサーチの実際
 ~満鉄調査部はあるのか~
第8章 インテリジェンス調査の実際
 ~インテリジェンス無き戦略はリスク無視~
 8.1 インテリジェンス・リサーチの実際
 8.2 企業内組織におけるインテリジェンス・リサーチ
 8.3 インテリジェンス・サイクルを企業・組織として理解すること
 
事項別索引

ジャンル:
ビジネス > ビジネス教養 ビジネス > 自己啓発 経営 > 経営管理 経営 > マーケティング 理学・工学 > 経営工学
販売開始:
2015/01/20
ファイルサイズ:
21.18MB
CODE:
J0010342BK0024593001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,296円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

諜報機関から学ぶ競争競合相手分析と戦略シナリオ
販売(無期限): 税込 1,296