いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > ジャンル別 > コンピュータ > 資格 > 合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト

立ち読み

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト

著者:
大塚 康徳(日立インフォメーションアカデミー)
出版社:
リックテレコム

概要:

AWS(Amazon Web Services)認定は、顧客、組織そして採用担当者に対し、取得者がAWSソリューションを構築するための技術と知識を有していることを証明する、注目の資格です。AWS認定ソリューションアーキテクトは、入門的な位置付けの「アソシエイト」と上級者向けの「プロフェッショナル」の2つに分かれており、本書は前者の「アソシエイツ」に特化した本邦初の試験対策書です。分野ごとの詳しい解説と問題を解くポイント、さらに理解度を確認できる章末問題を掲載しました。

「AWS認定ソリューションアーキテクト―アソシエイト」は、「普段からAWSをよく利用している人」が合格できる認定試験ではありません。本書では、そのエッセンスを抽出し合格するポイントを解説しました。この認定を取得してAWS上のシステムの設計、デプロイ、管理に必要なスキルと技術知識を有するITプロフェッショナルであることを証明しましょう。

本書で学習を進めることにより合格への最短距離を歩めます。「どこから勉強を始めたらいいの?」「出題されるレベルがわからない。。」そんな人にピッタリの一冊です。


目次:

第1章 AWSと認定プログラム ーAWSクラウドとは何か、そして認定プログラムとは何か?ー

第2章 リージョン/アベイラビリティーゾーンとAWSサービス ーリージョンとAZ、そして各種サービスの提供レベルについてー

第3章 責任分担セキュリティモデルとAWSにおける認証(IAM)

第4章 AWSにおけるネットワーク(VPC)

第5章 AWSにおけるコンピューティング(EC2/AMI/EBS/インスタンスストア)

第6章 オブジェクトストレージ(S3/Glacier)

第7章 データベース(RDS/ElastiCache/DynamoDB)

第8章 AWSにおける監視と通知(CloudWatch/SNS)

第9章 AWSにおける拡張性と分散/並列処理(ELB/Auto Scaling/SQS/SWF)

第10章 DNSとコンテンツ配信(Route 53/CloudFront)

第11章 AWSサービスのプロビジョニング/デプロイ/構成管理(CloudFormation/Elastic Beanstalk/OpsWorks)

第12章 EC2の料金モデル(オンデマンドインスタンス/リザーブドインスタンス/スポットインスタンス)

ジャンル:
コンピュータ > 資格
販売開始:
2018/04/03
ファイルサイズ:
47.91MB
CODE:
J0010400BK0072578001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,160円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト
販売(無期限): 税込 2,160