いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

三才ブックスの直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 人文・思想 > 発達心理 > コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの
コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの

立ち読み

コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの

著者:
岩野響 岩野開人
出版社:
三才ブックス

概要:

発達障害の子を持つ親はもちろん、「将来が見えない」「いったいどのように生きていけばいいのか」などすべての「未来に迷う」人たちに、きっとヒントになる家族のものがたり。

※本書は響くん、お父さん、お母さんの語りで構成。時に衝突するなどそれぞれの、その時々の思いが交錯しながら「ものがたり」は進んでいきます

<はじめに より>
群馬県桐生市に住む岩野 響くんは、8歳の頃、アスペルガー症候群の診断を受けた。
小学校時代は、それも「個性」のひとつとして認められ、毎日楽しく学校にも通えていた。

しかし「ふつう」であることが求められる中学校では、彼の居場所は徐々になくなっていく。

思い悩む少年と、彼をどう導けばよいのか迷う両親。ついに彼のストレスも臨界点を迎え、「学校に行かない」という決断が迫られる。

学校に行かないのなら、どう生きるべきなのか……たった13歳でこの難問を突き付けられた少年と家族。さまざまな模索をする中で、一筋の光として見えたのが「コーヒーの焙煎士」という生き方だった。

ショップ「ホライズンラボ」をオープンし(現在は通販のみ)、新聞、テレビで話題となった岩野 響くんと、彼に本気で向き合い、寄り添った両親の知られざるエピソードを紹介。

発達障害のお子さんを持つ家庭だけでなく、生き方に悩みや迷いを持つ人たちの一助になれば幸いだ。


目次:

◆Chapter01
発達障害とコーヒー
・section01
 15才のコーヒー焙煎士 from響
・section02
 アスペルガーの予兆と診断 from母
・section03
“ふつう”ではない生き方 from父

◆Chapter02
自分の居場所をもとめて
・section01
“正しい”中学生になろうとした日々 from響
・section02
 学校という社会の内と外 from母
・section03
 新しい道をともに切り拓く from父

◆Chapter03
家族で見つけた ぼくの『つえ』
・section01
 自分らしくどう生きていくか from響
・section02
 “ふつう”をやめて〝自分〟を認める from母
・section03
 「自分で手に入れる」かけがえのない経験 from父

◆エピローグ
 ふたつの波 from響

ジャンル:
人文・思想 > 発達心理 人文・思想 > 精神病理 ライフスタイル > 健康
販売開始:
2018/03/19
ファイルサイズ:
11.58MB
CODE:
J0010336BK0071892001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,296円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの
販売(無期限): 税込 1,296