いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 紀行 > 槍が岳に登った記
槍が岳に登った記

槍が岳に登った記

著者:
芥川龍之介
出版社:
ConTenDo

概要:

     赤沢

 雑木の暗い林を出ると案内者がここが赤沢ですと言った。
暑さと疲れとで目のくらみかかった自分は今まで下ばかり見て歩いていた。
じめじめした苔の間に鷺草のような小さな紫の花がさいていたのは知っている。
熊笹の折りかさなった中に兎の糞の白くころがっていたのは知っている...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 紀行 文芸 > 日本文学/国文学 日記手帳 > 日記 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/02/01
ファイルサイズ:
1.09MB
CODE:
J0010283BK0027300001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

槍が岳に登った記
販売(無期限): 税込 0