いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 殺人の涯
殺人の涯

殺人の涯

著者:
海野十三
出版社:
ConTenDo

概要:

「とうとう女房を殺してしまった」
 私は尚も液体を掻き廻しながら、独り言を云った。

 大きな金属製の桶に、その白い液体が入っていた。
桶の下は電熱で温められている。
ちょっとでも、手を憩める遑はない。
白い液体は絶えずグルグルと渦を巻いて掻き廻わされていなければならない。
液体は白く...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/02/01
ファイルサイズ:
1.32MB
CODE:
J0010283BK0027449001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

殺人の涯
販売(無期限): 税込 0