いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 私の書に就ての追憶
私の書に就ての追憶

私の書に就ての追憶

著者:
岡本かの子
出版社:
ConTenDo

概要:

 東京の西郊に私の実家が在つた。
母屋の東側の庭にある大銀杏の根方を飛石づたひに廻つて行くと私の居室である。
四畳半の茶室風の間が二つ連なつて、一つには私の養育母がゐた。
彼女はもう五十を越してゐたが、宮仕へをした女だけあつて挙措が折目正しく、また相当なインテリでもあつて、日本古典の書...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/03/11
ファイルサイズ:
1.05MB
CODE:
J0010283BK0028501001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

私の書に就ての追憶
販売(無期限): 税込 0