いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 大正十二年九月一日の大震に際して
大正十二年九月一日の大震に際して

大正十二年九月一日の大震に際して

著者:
芥川龍之介
出版社:
ConTenDo

概要:

     一 大震雑記

      一

 大正十二年八月、僕は一游亭と鎌倉へ行き、平野屋別荘の客となつた。
僕等の座敷の軒先はずつと藤棚になつてゐる。
その又藤棚の葉の間にはちらほら紫の花が見えた。
八月の藤の花は年代記ものである。
そればかりではない。
後架の窓から裏庭を見る...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 紀行 文芸 > 日本文学/国文学 日記手帳 > 日記 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/03/11
ファイルサイズ:
1.18MB
CODE:
J0010283BK0028651001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

大正十二年九月一日の大震に際して
販売(無期限): 税込 0