いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる
春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる

春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる

著者:
芥川龍之介
出版社:
ConTenDo

概要:

 春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる。
向うから来るのは屋根屋の親かた。
屋根屋の親かたもこの節は紺の背広に中折帽をかぶり、ゴムか何かの長靴をはいてゐる。
それにしても大きい長靴だなあ。
膝――どころではない。
腿も半分がたは隠れてゐる。
ああ云ふ長靴をはいた時には、長靴をはいたと云...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/03/11
ファイルサイズ:
1.21MB
CODE:
J0010283BK0028740001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる
販売(無期限): 税込 0