いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 『新潮』十月新人号小説評
『新潮』十月新人号小説評

『新潮』十月新人号小説評

著者:
梶井基次郎
出版社:
ConTenDo

概要:

     子を失ふ話 (木村庄三郎氏)

 書かれてゐるのは優れた個人でもない、ただあり來りの人間である。
それらが不自然な關係の下に抑壓された本能を解放しようとして苦しむ。
作者は客觀的な態度で個々の人物に即し個々の場面を追ひつゝ書き進んでゐる。
作者は人物の氣持や場面を近くに引...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/04/08
ファイルサイズ:
1.12MB
CODE:
J0010283BK0029849001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/秋のコンテン堂フェア 〜コンテン堂モールの電子書籍を購入決済するだけで『電子マネー2000円分』が当たります〜

この著作者による商品

『新潮』十月新人号小説評
販売(無期限): 税込 0