いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 認識論としての文芸学
認識論としての文芸学

認識論としての文芸学

著者:
戸坂潤
出版社:
ConTenDo

概要:

 文芸学の対象は云うまでもなく文芸である。
尤も従来の日本語の習慣によると、文芸は又文学とも呼ばれている。
文学という言葉は通俗語として、又文壇的方言として、特別なニュアンスを有って来ている。
単に文芸全般を意味する場合ばかりでなくて、却って小説とか詩とかいう特定の文芸のジャンルを意味...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 人文・思想 > 哲学・思想 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/02/16
ファイルサイズ:
1.38MB
CODE:
J0010283BK0046303001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

認識論としての文芸学
販売(無期限): 税込 0