いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > ビジネス > ビジネス教養 > 顧客分析テクニック 〜インテリジェンスの利活用でリスクの早期警戒〜
顧客分析テクニック 〜インテリジェンスの利活用でリスクの早期警戒〜

立ち読み

顧客分析テクニック 〜インテリジェンスの利活用でリスクの早期警戒〜

著者:
菅澤喜男 Christophe Parrot 山田典一 矢島茂 李君在
出版社:
インテリジェンス出版

概要:

インテリジェンスとは、収集された膨大とも言える情報を分析・評価することで得られる優れた意味のある情報と言えます。収集された情報から生成されるインテリジェンスは、高度な意思決定に資するために、多くの費用と時間が必要となることもあります。国家間の利害は、時として戦争までに発展し貴重な人命さえ奪うことになります。やはり、始められた戦いごとは、殆どの関係者は理由のいかんに関わらず勝たなければならないと考えます。そこには、インテリジェンスを利活用することで「構造的な戦う仕組」を捉え、「勝つための戦略」を策定しておく必要があります。この戦う構造を知り戦略を策定する方法として競争分析があります。さらに、リスクを特定し早期警戒をすることで、優位に戦いを進めようとする考えもあります。
意思決定者は、集約された優れた情報、つまりインテリジェンスと戦うべく構造をよりシンプルな結論として知りたがります。本書は、インテリジェンスが組織・企業の中で果たす重要性とその利活用を基本とした、プロフェッショナルな顧客分析について事例を取り入れ分かり易い内容で紹介しています。


目次:

第1章ブラインド・スポット分析
1.1 はじめに
1.2 ブラインド・スポット分析とは
1.3 ブラインド・スポットにおける7つのソース
参考文献

第2章 競争・競合プロファイリング分析
2.1 はじめに
2.2 競合分析を支えるインテリジェンス活動の重要性
2.3 競合プロファイリング分析の特徴
2.4 競合プロファイリング分析の9つのステップ
2.5 競合プロファイリング分析の具体例
2.6 競合プロファイリング分析から得られた戦略
参考文献

第3章 顧客セグメント分析
3.1 はじめに
3.2 顧客セグメント分析の目的
3.3 セグメンテーション戦略の分析
3.4 マスカスタマイゼーション
3.5 顧客セグメンテーション分析の特徴
3.6 顧客セグメント分析のプロセス
3.7 市場のセグメンティング(CVS事業事例)
3.8 まとめ
参考文献

第4章 顧客価値分析
4.1 はじめに
4.2 顧客価値の定義
4.3 顧客価値分析の背景及び戦略的根拠
4.4 顧客価値分析の戦略的意義及び特徴
4.5 顧客価値モデル
4.6 顧客価値分析のプロセス
4.7 他の競合分析との併用
4.8 まとめ
参考文献

ジャンル:
ビジネス > ビジネス教養 ビジネス > 自己啓発 経営 > 経営・経営学 経営 > マーケティング
販売開始:
2020/11/17
ファイルサイズ:
2.49MB
CODE:
J0010342BK0104055001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,320円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

顧客分析テクニック 〜インテリジェンスの利活用でリスクの早期警戒〜
販売(無期限): 税込 1,320