いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > ノンフィクション・ドキュメンタリー > 出版流通合理化構想の検証 ISBN導入の歴史的意義
出版流通合理化構想の検証 ISBN導入の歴史的意義

立ち読み

出版流通合理化構想の検証 ISBN導入の歴史的意義

著者:
湯浅俊彦
出版社:
ポット出版

概要:

本書は、日本図書コード、およびISBN導入問題の構造化を図ることによって、さまざまな出版流通合理化の構想が現れるたびに繰り返される論争の淵源を明らかにするものである。また、日本図書コードの導入をひとつの転換点とする出版流通合理化の動向を、インターネット出現以降の書誌情報や物流情報などの出版流通情報のデジタル化とネットワーク化との史的連続性の中に位置づけ、今後の出版流通研究の一助とする試みである。

ジャンル:
芸術・教養 > ノンフィクション・ドキュメンタリー
販売開始:
2020/03/10
ファイルサイズ:
14.28MB
CODE:
J0019002BK0093762001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,650円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

出版流通合理化構想の検証 ISBN導入の歴史的意義
販売(無期限): 税込 1,650