いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > 銀の鈴社 > 心の窓が目だったら
心の窓が目だったら

立ち読み

心の窓が目だったら

著者:
井上灯美子 唐沢静
出版社:
銀の鈴社

概要:

ジュニアポエムシリーズ 201
 
詩を作り続けて70数年の著者は、「感動して詩に書く、全ての歓びを共に喜ぶ童謡の世界が世界に広がれば、争いなど無くなるのではないか」と語ります。『心の窓が目だったら』のタイトルには、著者の強い願いが込められています。
 
 
作品の中には、紙媒体の発行年が古い本が多く含まれております。
そのため若干の汚れや読みにくい部分などがある可能性がございます。ご了承ください。


目次:

かわいいあなたに
・いい子いい子したら ・ポケットのたからもの ・ママがそうしたように ・バイバイ バイ ・はだかんぼうの おにごっこ ・ゆびでおはなし ・いすになった ぼうしになった ・いなかの ことば ・ほおずき ほおずき ・てじな ・糸でんわ
おしゃまなあなたに
・カタカナ ひらがな ・ポストの中 ・花のパンフレット ・ポケットほっぺ ・かわいいお客さま ・おとうとは風よ ・いっしょうけんめいアリさん ・干がたのアイドル ・お芋 つるりん ・夏が好き ・いたいいたのどこへ行った? ・お菓子のなる木
純真なあなたに
・水たまりのうた ・心の窓が目だったら ・見えないけれど わかります ・きれいな音だけ 聞こえます ・ユニフォームのスコア ・音符のふんいき ・秋の プレリュード ・ロックンロール キーホルダー ・母の日 ・ちょっとした道草 ・左の足と右の足 ・みやこすみれが 咲きました ・話せる神様 ・ポプラのハミング
素敵なあなたに
・風の押し花 ・リラックス・タイム ・エープリルフール ・ナスカの 暗号 ・風の まきがみ ・大賀はす ・風の五線譜 ・ミルキーウェイ ファンタジー ・夏のア・ラ・カルト ・地球が生まれた日 ・お天気プログラム ・な・の・に(紙の雪)
あとがき
作曲者一覧

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 文芸 > 詩・詩集 人文・思想 > 文芸
販売開始:
2012/12/19
ページ数
128ページ
ファイルサイズ:
10.10MB
CODE:
J0010148BK0005010001
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 360円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
税込 360 買い物カゴへ

この著作者による商品

心の窓が目だったら
販売(無期限): 税込 360