いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 心のふうせん
心のふうせん

立ち読み

心のふうせん

著者:
藤本美智子
出版社:
銀の鈴社

前詩集『緑のふんすい』(ジュニアポエムNO.206)の伸びやかな世界はそのままに、今度は簡潔で軽やかな短詩のロンドではじまる楽しい詩集です。


  つゆ
月のしずく 朝には葉っぱの上

  くもったガラス
見えなくていいこともあるか

  おちばの道を
ごめんね ごめんね ごめんね


ウイットに富んだ、キュッと引き締まったポエムたちです。

後半の詩でも、藤本さんらしい好奇心に満ちた、あたたかな眼差しにあふれたポエムが続きます。

そして、あとがきにかえて収載された一連の「風(ふう)さん」の詩は4編。

「やっぱりいない」から「にじ」までの4編には、飼犬を通して、あるいは飼犬と一緒に、逝ってしまった家族を偲ぶ作者の、懸命に踏ん張って堪えている姿が彷彿として迫ります。

核家族化が進んだ現代では、本物の死、身内の死を体験することが、大人でさえ少なくなっています。

あとがきにかえて収載された4編を通して、死が突きつける喪失感と、生が教えてくれる希望とを感じていただけたらと願います。
西野真由美

概要:

ジュニアポエム 231


目次:

Ⅰ 短詩のロンド
・星 ・つゆ ・月のひかり ・水 ・滝 ・くもったガラス ・初秋 ・秋 ・秋 ・花 ・色 ・つぼみ ・きんもくせい ・かすみそう ・パンジー ・さくらの木 ・さくらの木のように ・水仙 ・花しょうぶ ・朝顔 ・ききょう ・スイートピー ・ナデシコ ・おちばの道を ・蚊さま ・せみ ・せみの声 ・おしピン ・書く ・ださく ・ふとん ・手紙 ・ドア ・牛乳を飲むとき ・スリッパ ・まくら ・カーテン ・くつした ・オルゴール
 
Ⅱ なにもないところ
・なにもないところへ ・空につづく木 ・はるいろ ・今までどこに ・春の山 ・芽 ・夏は ・朝顔 ・みどりの人 ・もう秋 ・ばかり ・あかるい一日 ・ゆうがたの空 ・音 ・朝早く ・ぽとんらたん ・うらおもて ・ことりのぶらんこ
 
Ⅲ 心のふうせん
・心のふうせん ・じんせい ・ふしぎ ・ドアの取っ手 ・夢は ・よかったね ・かさなりあう時間 ・階段 ・いつもとちがう電車 ・二月へ ・オーブン ・めざましどけい ・風さん
 
あとがきにかえて

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 文芸 > 詩・詩集 人文・思想 > 文芸
販売開始:
2013/11/29
ページ数
96ページ
ファイルサイズ:
5.82MB
CODE:
J0010148BK0008484001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 377円 0円
閲覧可能期間 無期限 31日間
ダウンロード可能期間 無期限 無期限
ダウンロード回数 制限なし 制限なし
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

心のふうせん
販売(無期限): 税込 377 / レンタル(31日間): 税込 0 円