いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 新美南吉ものがたり
新美南吉ものがたり

立ち読み

新美南吉ものがたり

著者:
楠木しげお くまがいまちこ
出版社:
銀の鈴社

今年は、新美南吉の生誕101年目。
記念すべき生誕100年に滑り込みセーフで刊行されたのが、『新美南吉ものがたり』です。

南吉は、「ごん狐」や「手袋を買いに」、美智子妃殿下がお好きだという「デンデンムシノカナシミ」などの童話や童謡で親しまれています。
愛知県の半田市に記念館もありますが、29歳で夭折した南吉の子どもから読める伝記は、本書が初めて。
新美南吉記念館の方々もご協力くださり、しっかりした人物ものがたりとして誕生することができました。

新美南吉の名前は知らなくても、「ごん狐」の作者といえば「ああ。。。」といわれるほど知られている南吉の作品は、その情緒的な作風で、いまだに多くの人々に愛されています。

年末に、ラジオから聞こえてきた聴取者からの投稿に、こんな短歌がありました。

音読に孫が選んだごんぎつね何度読んでもごんは死にます

夭折した方の伝記は難しいものですが、ベテランの楠木しげおさんは、中学時代のエピソードや、南吉の後ろ盾となった巽聖歌、北原白秋との交流などを、丁寧に書いていて、大人の南吉ファンにも読み応えのある作品になりました。

南吉ファンで、南吉作品への挿画も手がけてきた画家のくまがいまちこさんも、時間的な制約の中、精魂込めて描いてくださいました。

新美南吉記念館の学芸員、遠山さんは、生誕100年記念の多忙な中、細やかに内容精査にお力添えをくださいました。

思い出すだけで胸がキュンとする南吉作品の数々は、流行りの涙活にもぴったり。

『新美南吉ものがたり』を読んで、新たな発見をしてみませんか?
西野真由美

概要:

ジュニアノンフィクション
 
 
「ごんぎつね」「手袋を買いに」などで有名な新美南吉をジュニアノンフィクションとして、小学生から読めるよう にしました。
新美南吉の生涯などについて、丁寧にまとめてあります。


目次:

はじめに
1 不幸な生い立ち
2 帰ってきた養子
3 文学を志す少年
4 東京につながる
5 東京に遊学する
6 高等女学校の先生
7 早世文学者の仲間入り
あとがき
新美南吉資料編
新美南吉略年譜
新美南吉の文学碑・旧居・記念館
主な参考文献

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 芸術・教養 > ノンフィクション・ドキュメンタリー 芸術・教養 > 人物評伝
販売開始:
2014/10/17
ページ数
120ページ
ファイルサイズ:
14.74MB
CODE:
J0010148BK0023135001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 385円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

新美南吉ものがたり
販売(無期限): 税込 385