いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 詩・詩集 > 光への階段
光への階段

立ち読み

光への階段

著者:
宮下自由
出版社:
銀の鈴社

『15歳の自由帳 光への階段 PTSDの彼方へ 歩ける日を夢見て』は、宮下自由くんの韻文(詩、短歌、俳句、狂歌、川柳)と、感想文や作文を収載した、自由帳のような作品集です。

自由くんは、ある日突然、歩くことができなくなりました。

試練の時を経て、今再び歩くことができるようになった自由くんの、本書は、その試練の記録でもあります。


障害のぼくに肩貸す友達にありがとう言えばオスと答える 宮下自由


これは、第16回与謝野晶子短歌文学賞 青春の歌に応募し、約2万首の中から最高賞の文部科学大臣賞を受賞した作品です。

「あとがきに代えて」の中から、お父様の宮下洋二さんの言葉の一部を抜粋します。

PTSD特有の症状なのでしょうか、彼は沈鬱な表情で人に会うのがいやだ、病気が少しも良くならないので悲しい、苦しい、死んでしまいたいと言うのでした。
私が「死ぬのはちょっと待て、おまえが死ぬときには淋しくないように、お父さんも一緒に死んでやるから、神様を信じてもう少し頑張ってみよう」と言うと、彼は「ぼくは神様なんて信じないけど、お父さんは信じる」と言って、私に抱きつき泣くのでした。


自由くんの作品をもうひとつ、ご紹介しましょう。


障害のぼくに友の手ハイタッチ次々受けて父と通学 宮下自由



家族と友達、学校の先生方に見守られて、それでも苦しみもがく自由くんの心の軌跡は、PTSDと闘っている人々はもちろん、思春期の急激に成長する心身のアンバランスを抱える子どもたち、そして疲れ切った大人へも「光への階段」へ導く一冊といえましょう。


追記
宮下自由くんは、宮下木花ちゃんの弟です。
木花ちゃんの創作童話の短編集、『ひとしずくのなみだ』は11歳の作品集。
『いちばん大切な願いごと』は、12歳の作品集です。
阿川弘之さん、秋山ちえ子さん、永六輔さん、城山三郎さん、志茂田景樹さん、立松和平さんなど、多くの方々に賛辞をいただき、群馬県文学賞を最年少で受賞しました。
ことに、処女作『ひとしずくのなみだ』所収の「ノロボトケ」などは、思い出しても鼻の奥がツーンとなります。
お近くの図書館へリクエストして、ぜひ読んでみてください。


西野真由美

概要:

15歳の自由帳 PTSDの彼方へ 歩ける日を夢見て
小さな鈴シリーズ 
日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定 
 
 
「光への階段」を世に送ります。
三年半ほとんど這うようにして生活していた自由!
中学三年生の夏、奇跡的に一人での起立歩行が可能になった君にとって、これらの作品は未来の大きな希望の灯の台となるでしょう。
同じように闇の中で苦しむ人々の「光への階段」を登る一歩の一助となれば幸いです。
宮下洋二(父)
 
 
内容紹介
著者創作の韻文(詩、短歌、俳句、狂歌、川柳)と、感想文や作文を収載した、自由帳のような作品集。
ある日突然歩けなくなった自由くん。試練の時を経て、今再び歩くことができるようになった自由くんの、試練の記録でもあります。


目次:

まえがきに代えて・・・宮下洋二
一、詩1・・・13編
二、俳句・川柳・・・110句
三、短歌・狂歌・・・40首
四、その他・・・5編
五、詩2・・・2編
あとがきに代えて・・・宮下洋二

ジャンル:
文芸 > 詩・詩集 文芸 > 短歌・俳句
販売開始:
2015/05/29
ページ数
104ページ
ファイルサイズ:
6.54MB
CODE:
J0010148BK0027882001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 385円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 
光への階段
販売(無期限): 税込 385