いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 校長先生が「きょうりゅう」になった
校長先生が「きょうりゅう」になった

立ち読み

校長先生が「きょうりゅう」になった

著者:
はしだてえつこ
出版社:
銀の鈴社

概要:

ポケットえほん
読者の声〜新刊モニターより〜

学校の子どもたちと校長先生とのたくさんのエピソードが、一冊の絵本にぎゅっとつまっています。悲惨な事件が報道される昨今、こんな校長先生がいる学校ばかりだったら、どんなにいいか・・・、と願わずにいられません。
ほんわかした絵とやさしい文に、あったかい気持ちになれます。
「いっそうけんめいがかっこいい」「苦手をがんばりなさい」など、大人が読んでも励まされるエピソードは、落ち込んだ時にも手に取りたくなる一冊です。
(P.N一葉)

どんなお話だろうと思って読み始めました。読み進めると「何か違う。ストーリーがない」ということに気づきました。学校のあちこちに現れて、子どもたちを見守っている校長先生の姿が描かれていました。
校長先生というと、入学式や卒業式や朝礼の時に見るだけで、あとは校長室にいる、というイメージが昔はありました。
この本で、学校全体に目を配り、子どもたちひとりひとりを見つめる校長先生のことを知り、読み終わる頃には心がほっこりと温かくなっていました。
小さな黒猫の絵がかわいいです。
(P.Nリオ)

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 人文・思想 > 文芸 児童・絵本 > 児童文庫
販売開始:
2018/12/18
ファイルサイズ:
7.32MB
CODE:
J0010148BK0078721001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 330円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

校長先生が「きょうりゅう」になった
販売(無期限): 税込 330