いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ
»TOP > ジャンル別 > ビジネス > IT・Eビジネス > 「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」第1版
「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」第1版

立ち読み

「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」第1版

著者:
井上正和
出版社:
ISM研/情報戦略モデル研究所

概要:

ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードCOBIT5の日本語版が
2013年2月から順次発表され続けています。
COBIT5の導入フェーズを実施している企業が増えてきましたが、
かなり苦労されているようです。
その理由は、COBIT5が米国流思考の理解が必要になることとかなり学術的記述が
多いところにあるように思います。
本著は、日本企業の観点でCOBIT5を実践することに焦点を
当てて、その解釈や留意点を加え、より使い易いITガバナンスの手引書にしました。
 
そのために、本著では次の観点に焦点を当てて記述しています。 
 ◆COBIT5を体系的に理解し、日本的解釈ができること
 ◆事業体のITガバナンスの導入と適用法が分かること
 ◆日本企業視点でのCOBITI5の実践的方法論を加えること


目次:

はじめに
本著の使い方と記述上の留意点
 
第1部 COBIT5の原則と導入ライフサイクルの捉え方
 
第1章 COBIT5記述とITガバナンスの捉え方
第1節 COBIT5記述の特徴
第2節 COBIT5のITガバナンスの定義
第3節 ITガバナンスのフレームワーク
 
第2章 COBIT5原則の捉え方
第1節 ステークホルダーのニーズを充足(原則1)
1.達成目標のカスケードステップとその読み方
2.カスケードサンプルの活用への留意点
第2節 事業体全体の包含(原則2)
1.事業体のITガバナンスアプローチ
2.ステークホルダー例の留意点
第3節 一つに統合されたフレームワークの適用(原則3)
第4節 包括的アプローチの実現(原則4)
1.7つのイネーブラーとその解釈
2.イネーブラーの定義項目
3.プロセス参照モデルの構造
4.プロセスイネーブラーの項目定義構造と定義例
5.プロセスイネーブラー定義の留意点
第5節 ガバナンスとマネジメントの分離(原則5)
1.ガバナンスとマネジメント
2.プロセス参照モデル
3.プロセス能力モデルとその活用留意点
 
第3章 事業体のITガバナンスフレームワーク導入
第1節 COBIT5 Implementationしくみの特徴
1.COBIT5 Implementationの目的
2.GEIT導入ライフサイクルと用語
3.ライフサイクルの7つのフェーズ
4.導入ライフサイクルの3つのコンポネント
第2節 GEITの導入ライフサイクルの定義と考察
1.達成目標カスケードと導入ライフサイクル
2.GEITの導入ライフサイクルの定義ステップ
 
第2部 COBIT5の実践的活用への考察
第1章 達成目標のカスケードの捉え方
1.事業体の達成目標へのカスケード
2.IT達成目標へのカスケード
 
第2章 プロセス達成目標と実践手法の策定法
1.実践手法の策定フレーム
2.IT達成目標の対策策定
 
第3章 GEIT導入ライフサイクルの実践考察
1.導入ライフサイクルのフェーズとタスク名称
2.導入フェーズの定義ステップの整合性
 
第4章 事業体のITガバナンスの投資対効果分析
第1節 IT達成目標へのカスケードとKPI化
第2節 投資対効果の把握
1.事業投資の判定基準
2.投資対効果の算定

COBIT5参考図表
参考図表1:事業達成目標とIT達成目標
参考図表2:COBIT5のイネーブラーの詳細説明
参考図表3:達成目標と測定指標
参考図表4:GEITの導入ライフサイクルの7つのフェーズ
 
おわりに
参考資料
索引

ジャンル:
ビジネス > IT・Eビジネス 経営 > 経営管理
販売開始:
2017/11/09
ファイルサイズ:
23.02MB
CODE:
J0010338BK0069285001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,160円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」第1版
販売(無期限): 税込 2,160