いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ
»TOP > ジャンル別 > コンピュータ > データベース > グラフ型データベース入門 - Neo4jを使う
グラフ型データベース入門 - Neo4jを使う

立ち読み

グラフ型データベース入門 - Neo4jを使う

著者:
長瀬嘉秀 Neo4jユーザーグループ
出版社:
リックテレコム

概要:

「グラフ型データベース」とは、一言で言うとグラフ型の構造を持ったデータベース。
RDBでは複雑になってしまう「関係性を表現する」ことに優位性を発揮し、複雑なデータの探索に適しています。
 
GoogleやFacebookなど先端のITサービスでも使われているグラフ型データベースについて、現在米国で脚光を浴びている新解析の手法「Neo4j」を中心に、国内のNeo4j公認ユーザーグループが丁寧に解説しました。
 
なお本書は、基本的にデータベースの技術解説書ですが、キアヌ・リープス、トム・ハンクス、ケビン・ベーコン、そして日本からはあの「いかりや長助(! )」が、登場し、グラフ型データベースを説明するその好例として紹介されています。
関係性でわかるデータベースの新しい形を、本書でぜひ実現してみてください。


目次:

第1章 グラフ型データベースとは
1-1 グラフ型データベースとは
1-2 RDBとNoSQL
1-3 グラフDBが有効なケース
第2章 グラフ型データベースの考え方とグラフ理論
2-1 グラフ理論の構成要素
2-2 身近なグラフの例
第3章 グラフ型データベース「Neo4j」
3-1 Neo4jの概要
3-2 Neo4jの特性
3-3 Neo4jに関する情報の探し方
第4章 Neo4jの環境構築と操作
4-1 Neo4jのサービス利用方法
4-2 Neo4j環境構築(Windows 8.1編)
4-3 Neo4j環境構築(GrapheneDB編)
4-4 ウェブインターフェースを用いたNeo4jの操作
第5章 クエリでアクセスしてみよう
5-1 サイファークエリとは
5-2 ノードとリレーションシップの登録
5-3 ノードとリレーションシップの属性
5-4 パターンマッチ
5-5 サイファーの構成要素について
第6章 アプリケーションからのNeo4jデータの操作
6-1 REST APIと組み込みAPI
6-2 アプリケーション開発
6-3 ウェブアプリケーション開発
第7章 Neo4jの運用
7-1 データのインポート
7-2 アプリケーション構成
7-3 バックアップとリストア
7-4 セキュリティ
7-5 Neo4jシェル
第8章 データモデリング
8-1 モデルとは何か
8-2 データモデリングの手順

ジャンル:
コンピュータ > データベース
販売開始:
2016/10/11
ページ数
293ページ
ファイルサイズ:
84.77MB
CODE:
J0010400BK0056085001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 3,024円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この著作者による商品

グラフ型データベース入門 - Neo4jを使う
販売(無期限): 税込 3,024