いらっしゃいませ ゲスト様

三才ブックスの直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 人物評伝 > 眠れなくなるほどおもしろい日本史の「その後」
眠れなくなるほどおもしろい日本史の「その後」

立ち読み

眠れなくなるほどおもしろい日本史の「その後」

著者:
歴史雑学研究所
出版社:
三才ブックス

概要:

日本史には「まさか」の続きがある!
徳川幕府最後の将軍は、江戸を追われた後どう過ごしたのか? 豊臣秀吉が天下人となった後、織田家はどんな運命をたどったのか? 徳川綱吉の没後、「生類憐れみの令」はどうなった? 源義経の生存説の出どころはいったいどこなのか?
日本史の教科書には書かれていない歴史人物の「その後」、歴史的事件の「続き」をまとめた一冊。読み始めたらとまらない、予想外のエピソードが満載!

■編者について
歴史雑学研究所
研究によって確定している史実から珍聞奇聞の類まで、歴史のなかに埋もれたドラマを追求し、表舞台の裏側にある「もうひとつの歴史」を発表するグループ。時代や地域を問わず、豊富なデータベースをもとにした、幅広い分野のわかりやすい解説に定評がある。

ジャンル:
芸術・教養 > 人物評伝 人文・思想 > 日本史
販売開始:
2018/02/23
ファイルサイズ:
11.43MB
CODE:
J0010336BK0062488004
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 864円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

日本人なら誰しも、学業や一般教養として日本の歴史を学んでいる。
歴史の転換点ともいえる大きな出来事ならば、その西暦の年度を聞くだけで、何があったか簡単に連想できるだろう。1868年と聞いて明治維新と答える方は多いはず。

しかし、その歴史的な大ニュースの前後に、何が起きていたかは、意外と知られていない。
歴史の教科書にはページ数という制限があり、その歴史の全てを知ることは難しい。

本書は、偉業を成し遂げた歴史の「その後」をピックアップした1冊である。

85もの歴史の「その後」を解説しており、読み応えはたっぷり。
目次を眺めるだけでも楽しいこと間違いなしである。

本書は、6章で構成されており、1章にて歴史の転換点の「その後」をつまびらかに紹介している。
徳川幕府の「その後」
坂本竜馬暗殺後の海援隊の「その後」
新撰組隊士たちの「その後」など
歴史マニア垂涎の内容といえるだろう。

2章では、あの歴史人物の「その後」に注目している。
聖徳太子やペリー提督など、日本人なら誰でも知っている有名人物だが、その晩年はほとんど知られていない。
また、源義経とチンギス=ハンを同一人物とする説は有名だが、その説の出所まで知っている方は少ないだろう。
本書は、多くの方が気にしている謎に鋭く切り込んでいる。

3章では日本史の顛末、4章では名家の子孫たち、5章では芸術家・文化人のその後、6章では数奇な運命を辿ったモノ・コト・場所の行方について記載している。
どれも細部にわたってエピソードが書かれており、歴史マニアでなくても、ページをめくる手は止まらないだろう。

教科書にたった数行しか記述が無いような歴史上の当事者にも、数十年におよぶ人生があるのだ、ということが
日本史の「その後」を知ることで感じることができて大変興味深い。

歴史の「その後」や「その後」の人生が気になる方は、是非、一読することをおすすめする。

眠れなくなるほどおもしろい日本史の「その後」
販売(無期限): 税込 864