いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 短歌・俳句 > 「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ
「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ

「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ

著者:
北村透谷
出版社:
ConTenDo

概要:

 まづ祝すべきは市谷の詩人が俗嘲を顧みずして、この新らしき題目を歌ひたることなり。

 残花道人嘗つて桂川を渡る、期は夜なり、風は少しく雨を交ゆ、「昨日も今日も五月雨に、ふりくらしたる頃なれど」とあるを見れば梅雨の頃かとぞ思ふ。
「霧たちこめし水の面に、二ツの光りてらすなり、友にお...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 短歌・俳句 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/01/20
ファイルサイズ:
1.17MB
CODE:
J0010283BK0042123001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ
販売(無期限): 税込 0