いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 九月十四日の朝
九月十四日の朝

九月十四日の朝

著者:
正岡子規
出版社:
ConTenDo

概要:

 朝蚊帳の中で目が覺めた。
尚半ば夢中であつたがおい/\といふて人を起した。
次の間に寝て居る妹と、座敷に寐て居る虚子とは同時に返事をして起きて來た。
虚子は看護の爲にゆふべ泊つて呉れたのである。
雨戸を明ける。
蚊帳をはづす。
此際余は口の内に一種の不愉快を感ずると共に、喉が渇いて全く濕ひ...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/03/04
ファイルサイズ:
0.61MB
CODE:
J0010283BK0045401001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

九月十四日の朝
販売(無期限): 税込 0