いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 明治開化 安吾捕物 17 その十六 家族は六人・目一ツ半
明治開化 安吾捕物 17 その十六 家族は六人・目一ツ半

明治開化 安吾捕物 17 その十六 家族は六人・目一ツ半

著者:
坂口安吾
出版社:
ConTenDo

概要:

「ねえ、旦那。
足利にゃア、ロクなアンマがいないでしょう。
私ゃ足利のアンマになってもいいんですがね。
連れてッてくれねえかなア。
足利の師匠のウチへ住み込みでも結構でさア。
どうも、東京を食いつめちゃったよ」
 足利の織物商人仁助の肩をもみながら、アンマの弁内が卑しそうな声で云う。

...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/08/05
ファイルサイズ:
0.76MB
CODE:
J0010283BK0051865017
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この商品のシリーズ

この著作者による商品

明治開化 安吾捕物 17 その十六 家族は六人・目一ツ半
販売(無期限): 税込 0