いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 歴史・時代小説 > 泣くな、東太
泣くな、東太

立ち読み

泣くな、東太

著者:
熊谷本郷 吉野晃希男
出版社:
銀の鈴社

概要:

全国学校図書館協議会
日本子どもの本研究会
学校図書館図書整備協会選定図書
 
 
平和への決意がみなぎる祈りの書
 
終戦直後の広島を舞台に、懸命に生きる少年・東太(とうた)を描くものがたり。
 
戦災孤児の現実、被爆者の苦しみ、不発弾の恐ろしさ・・・。
戦争は、家々を、町や村を破壊し、命を奪います。
そして平生は善良な人々の心をも、じつは壊してしまうのです。
 
いくつものエピソードを丹念に描く本書は、戦争を体験した世代が、戦争を知らない世代の親と子へ伝え遺す、平和への祈りの書でもあります。
 
数々の苦しみと悲しみを経て少しずつ復興していく世の中に呼応するように、人々の心もまた、少しずつ人間らしさを取り戻していく。
 
明日へとつながる希望を感じさせてくれるラストには、平和への静かな決意がみなぎっていて秀逸です。
繰り返し読みたくなる感動をお届けします。
 
 
ーあとがきより抜粋ー
 
私には記憶の小部屋がたくさんあります。
そのひとつに、終戦直後、貧しくもしたたかに生きた幼年時代の小部屋があります。
私は証言者の一人として、この部屋の風景の一部『泣くな、東太』を書き始めました。
ヒロシマの駅前に屋台が並び、味噌汁の匂いの中を走り回った少年がいました。
捨てられた駅弁当の蓋に、ひとつの米粒を見つけ、宝石を見るように目を輝かせた少年です。


目次:

1 戦争孤児とマムシ
2 孤児の脱走
3 孤児の死
4 右足を失って
5 しあわせのひととき
6 別れの理由
7 東太の夢
8 粉々になったうどん
9 戦争未亡人の姉妹
10 父の死、弟の死
11 生きるということ
12 亀の命
13 被爆者の行く末
14 いじめになんか負けない
15 亀と共に生きる
16 どこかで声が
17 おお、カンキだ
18 不発弾の解体
19 命をかけた機転
20 コスモスの墓
あとがき

ジャンル:
文芸 > 歴史・時代小説 文芸 > 日本文学/国文学 児童・絵本 > 児童文庫
販売開始:
2014/10/17
ページ数
180ページ
ファイルサイズ:
22.00MB
CODE:
J0010148BK0023133001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 378円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

泣くな、東太
販売(無期限): 税込 378