いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ

粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ

著者:
北村透谷
出版社:
ConTenDo

概要:

 心して我文学史を読む者、必らず徳川氏文学中に粋:円白なる者の勢力おろそかならざりしを見む。
巣林子以前に多く此語を見ず、其尤も盛なるは八文字屋以後にありと云ふべし。
彼の所謂洒落本こんにやく本及び草紙類の作家が惟一の理想とし、武道の士の八幡摩利支天に於けるが如く此粋様を仰ぎ尊みたる...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/01/20
ファイルサイズ:
1.16MB
CODE:
J0010283BK0042120001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ
販売(無期限): 税込 0