いらっしゃいませ ゲスト様

絵本・児童書・詩集の老舗出版社による直営電子書店です

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 白鳥よ
白鳥よ

立ち読み

白鳥よ

著者:
宮田滋子 牧野鈴子
出版社:
銀の鈴社

『白鳥よ』(宮田滋子・詩 牧野鈴子・絵)は、ため息がでるように美しい詩集です。
憂いをまとった気高い白鳥。 その白鳥に金の粉を降り注ぐ満月。
牧野鈴子さんの絵に、吸い寄せられてしまいます。
『白鳥よ』は、宮田滋子さんの童謡活動50年を彩る詩集。
昨年上梓した『さくらが走る』で、今年日本童謡賞を受賞した宮田滋子さん。
サトウハチロー門下生としてスタートして半世紀。
童謡に少年詩にと、常にトップレベルの作品でこの世界を牽引し続けている詩人です。
華奢なお身体の、どこにあれだけのパワーがおありになるのか。
ジュニアポエムNO.222という数字も、『白鳥よ』に相応しく、まるで待っていたかのようです。4章、42篇の美しい詩集が、ポエムの水面を泳ぎ渡ります。
今の季節にぴったりの作品をご紹介しましょう。
秋のとびら、貴方はどこに感じますか?      西野真由美

        秋のとびら          宮田滋子
   秋へ通じる
   季節のとびらは
   どこでしょう
    玉すだれの咲く
    庭かしら

   秋へ通じる
   見えないとびらは
   もしかして
    アオマツムシの鳴く
    茂みかしら

   秋へ通じる
   秘密のとびらは
   ひょっとして
    稲穂の波の
    下かしら

概要:

ジュニアポエム 222
日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定 


目次:

1 鳥たちのうた
 
こんにちは くじゃくさん
おかえりなさい
カルガモのお引っ越し
聞こえますか
ダチョウさん
フラミンゴの親子
ドングリ様様
みんあで渡ろ
月夜の白鳥
白鳥よ
 
2 こどもの四季
 
秋のとびら
かあさんの ふるさと
そこだけクリスマス
からから天気の日
ぼくに似てしまった
どの実が すてき?
春のお客さま
ちびっ子ガンマン
はじめての盆踊り
さァさ三社祭

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 文芸 > 詩・詩集 人文・思想 > 文芸
販売開始:
2015/05/29
ページ数
104ページ
ファイルサイズ:
7.86MB
CODE:
J0010148BK0027850001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 385円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

白鳥よ
販売(無期限): 税込 385