いらっしゃいませ ゲスト様

聴く絵本、おとえほんの電子書籍専門ストアです。

»TOP > ページが増えて、ますます楽しくなりました。
Twitter    Hatebu  Googleplus  Facebook 

ページが増えて、ますます楽しくなりました。

日本昔話・世界昔話共 6話ずつ、タイトルが増えました。

1. クリスマスのかね (日本語版)

立ち読み

タイトル: クリスマスのかね (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:鶴田真由    再話:田中容代     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ 

むかしある町に不思議な言い伝えのある教会がありました。クリスマスの夜に素晴らしい捧げものをすると、神様が教会の鐘の音を鳴らしてくれるというのです。その鐘の音は世界で一番美しいと言われていましたが、鐘の音を聞いた人は誰もいません。教会から遠く離れた町に二人の兄弟が住んでいました。クリスマスの日、兄弟も銀貨を握りしめ、教会に向かいますが、途中、道におばさんが倒れています。兄はおばさんの看病を、弟は兄の分の銀貨を持って教会に向かいます。弟が祭壇の前に立ち祈りを捧げると…
2. ききみみずきん (日本語版)

立ち読み

タイトル: ききみみずきん (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:南果歩    再話:齋藤春菜     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ

ある日、こぎつねが木の実を取ろうと、飛び跳ねていました。しかしこぎつねは足を怪我しており、木の実がなかなか取れません。そこへ、しばかりに出かけ、帰りに通りがかった優しいおじいさんは、かわりに木の実を取ってやります。次の日、こぎつねはお礼に古めかしい赤いずきんをおじいさんに渡します。その赤いずきんは、かぶると鳥や虫たちの話がわかる不思議なずきんでした。おじいさんは赤いずきんをかぶり、色々な声に耳を傾けます。
3. にんぎょひめ (日本語版)

立ち読み

タイトル: にんぎょひめ (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:鶴田真由    再話:美馬しょうこ     絵:柿原さゆり    音楽:守時タツミ   

むかし深い海の底に、王様と六人の人魚姫がいて、魚と遊んだりしながら楽しく暮らしていました。人魚たちは15歳になるまで人間の世界を見ることができません。一番すえの人魚姫は人間の世界を見たお姉さんたちの話を聞きながら、早く自分も15歳になる事を願っていました。そして、ようやく15歳となり人間の世界をみた人魚姫は、ある船で王子を見かけ、ひとめ惚れしてしまいます。やがて嵐が来て、王子の船が沈没してしまいます。人魚姫は必死に王子を助けるのですが…  
4. うしかたと山んば (日本語版)

立ち読み

タイトル: うしかたと山んば (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:南果歩    再話:美馬しょうこ     絵:柿原さゆり    音楽:守時タツミ

 牛の背中にさばを積み、山を越えようとしていた、うしかた。日が暮れ、ちょうど峠に差し掛かると、白髪の恐ろしい山んばが現れます。さばをよこせと山んばは言いますが、うしかたは断ります。すると、うしかたを食べてしまうぞ!と山んばは怒りだします。さばを投げその場を逃げ出す、うしかた。さばを投げては逃げ、投げては逃げ、とうとうさばは全部なくなってしまいます。はたして、うしかたはどうなるのか…。
5. カチカチ山 (日本語版)

立ち読み

タイトル: カチカチ山 (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:南果歩    再話:齋藤春菜     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ

意地悪で悪さばかりするタヌキ、おじいさんが畑で働いていると、悪口を言ったり、いたずらをしたり、邪魔ばかりします。おじいさんはタヌキのいたずらに我慢できなくなり、畑にワナを仕掛け捕まえ、縄でしばり家に連れて帰ります。おじいさんは町へ出かけ、おばあさんとふたりになったタヌキは、もう悪いことはしないと誓い、縄をほどいてもらいます。しかしタヌキは縄をほどいてくれた、やさしいおばあさんを杵で殴り殺してしまいます。悲しんでいるおじいさんにかわり、あたまが良いと評判のウサギがタヌキに仕返しをします…。    
6. おむすびころりん (日本語版)

立ち読み

タイトル: おむすびころりん (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:南果歩    再話:齋藤春菜     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ 

おばあさんに作ってもらったおにぎりを2つ持って、山へ木を切りにいったおじいさん。お昼におむすびを食べようとすると、もうひとつのおにぎりがコロコロコロコロ転がりだして穴の中へ落ちてしまいます。中を覗いてみると可愛らしい歌声が聞こえてきました。さらに中覗いてみるとおじいさんもコロコロコロコロ穴の中へ。 穴の中では可愛らしいネズミたちが暮らしていました。
軽快なリズムと可愛らしい歌声とともにお楽しみください。    
7. ホレおばさん (日本語版)

立ち読み

タイトル: ホレおばさん (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:鶴田真由    再話:齋藤春菜     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ

むかしあるところに、母親と二人の女の子が住んでいました。ひとりは醜く、働かない怠け者の実娘、もうひとりは働き者で美しい継子の女の子でした。働きものの女の子はいつものように機織りに使う糸を一生懸命紡いでいましたが一日中紡いでいたので、糸で指がすれ血が出てしまい、毛糸についてしまいます。井戸の水で毛糸を洗おうと向かいましたが、うっかり井戸の中に毛糸を落としてしまいます。怒った母親は女の子を井戸の中に突き落としてしまいます。女の子が気がつくと、知らない家の前におり、身なりの汚いおばさんが出てきます…
8. アラジンとまほうのランプ (日本語版)

立ち読み

タイトル: アラジンとまほうのランプ (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:鶴田真由    再話:田中容代     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ    

むかしある町にまずしい少年がいました。ある日少年が町を歩いていると、魔法使いの老人に出会い、町の外れにある洞窟まで連れて行ってほしいと言われます。約束どおり、老人を洞窟まで連れていきました。洞窟に着くと老人は洞窟の奥にランプがあるので、取ってきてほしいといいます。中に入るとたくさんの宝石があり、その奥にはランプもありました。宝石とランプをもって洞窟を出ようとしましたが、魔法使いの老人に閉じ込められてします。
さて、少年はどうやって洞窟から出るのでしょう…
9. おおかみと七ひきの子ヤギ (日本語版)

立ち読み

タイトル: おおかみと七ひきの子ヤギ (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:鶴田真由    再話:齋藤春菜     絵:斎京昭慈    音楽:守時タツミ

お母さんヤギと子ヤギ七匹が仲良く暮らしていました。ある日お母さんヤギが出かけると、お母さんヤギのふりをしたオオカミが家にやってきます。オオカミは何度か家を訪ねますが、子ヤギたちはオオカミの正体を見破り、なかなか家の中には入れません。しかし、足を白く塗り、声を変え変装したオオカミがふたたび家に行くと、子ヤギたちはお母さんヤギと間違えて、オオカミを家の中に招き入れてしまいます。オオカミは子ヤギたちを次々に食べてしまいますが一匹だけ鳩時計の中に隠れて難を逃れます。帰宅したお母さんヤギはビックリ。慌てて助けに行くのですが…
10. うらしまたろう (日本語版)

立ち読み

タイトル: うらしまたろう (日本語版)
著作者: 守時タツミ
出版社: デシベル合同会社
概要: 語り:南果歩    再話:齋藤春菜     絵:柿原さゆり    音楽:守時タツミ
    
こどもたちにいじめられていたカメを助け、竜宮城へ行ったおなじみのお話です。竜宮城で過ごした3年の日々が地上へ戻ると700年もの時日が流れており、何もかもが変わっていました。お土産にもらった玉手箱を開ければ、昔に戻れる・・・うらしまたろうは開けてはいけないと言われた玉手箱を開けてしまいます。すると中から白い煙が出てきて…うらしまたろうはおじいさんになってしまいます。
ピアノの美しいメロディーと波の音が物語の世界観を盛り上げます。

ジャンルでさがす

書籍
  • 文芸
  • 児童・絵本
  • 語学
  • 音付き

コンテンツフィルタ

"購入可能なコンテンツ"はご利用端末で購入いただけるコンテンツのみを表示します。

設定をリセット

音楽プロデューサー・ミュージシャンとして、高い評価を得ている、守時タツミが、 「100年後の子どもたちへ」という思いで、南果歩、鶴田真由のナレーションと音楽で綴った昔話「おとえほん」に、 美しいイラストがついたおとえほん電子書籍の専門店です。高音質、高画像で、おと付き電子書籍の最高峰!! 是非、お試し下さい。